トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

結局 カネがないからなんですよ

国家と企業と労働者のトライアングル



結局 カネがないからなんです



苦役列車で芥川賞作家となった西村賢太さんが
ヘベレケというローカルテレビ番組で放った一言

結局 カネがないからなんですよ
今、全然喧嘩しないですから ガハハ


やはり何を言うかよりも誰が言うかなんですかね


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


ブラック企業がのさばる原因




ブラック企業がのさばる原因 のツイートを見かけました
いろいろな意見がありました


取り締まりがぬるい という監督官庁の問題
低待遇でこき使いたい という企業の問題
辞めたくても辞められない という労働者の問題


老人 ゲーム


コストを落とすことは営利企業の必須命題であり
資本主義の世界ではあたりまえの話です

ボーダーラインの狭間で、どこまで大丈夫なのか
探りをいれながら、企業はエリアを開拓していきます


1度辞めると雇用市場で不利になる環境を利用できる
罰則はあっても取り締まりがぬるい環境を利用できる
モチベーションや期待を餌にして容易に釣ることができる
甘えを許さない社会の雰囲気を都合良く利用できる
利益成長してさえいれば、経営者としての評価を維持できる


市場環境と社会のルール、空気を眺めつつ
その中でもっとも合理的な行動をとりながら
企業は利益の最大化を目指していきます


労働者がブラック企業を辞めない理由



「辞めたくても辞められない」のは
お金がない原因がほとんどでしょう

もしお金があれば、辞めて終わりなのですから簡単な話です
そんな人がじわじわと増えてくると、雇用環境が変化します

「低待遇でこき使いたい」企業は、雇用者の応募が減るので
条件を見直し、雇用戦略の変更を余儀なくされるはずです


国民 元気で死ぬまで会社勤めがいい へつづく



小銭をかぞえる (文春文庫)




ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4922:先進国からと新興国から見る景色の違い by たんちん on 2016/08/05 at 19:54:44

昭和時代はブラック企業だらけでした、初期なら休みは盆と正月だけで仕事さえ無い、風呂なしの家も多かった。新興国の人が日本をみると景色は違うでしょうね

4936:たんちんさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/08/10 at 20:35:21 (コメント編集)

そうですね、違う環境からの異人から見たら
恵まれていると思うかもしれません
でも、きっとすぐに慣れてしまうはずです

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS