FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2018年12月のエントリー一覧

  • 結局 銘柄選別とタイミングだよね

    株式投資信託のパフォーマンスを勝手に検証2016年から株式の投資信託、ETF、インデックスを勝手に選別してパフォーマンスの推移を計測しています 以下の表は 2015年から2017年の年末に商品を購入した時点から2018年末までのパフォーマンス結果を算出したものです例えば 2015年末にひふみ投信を購入して2018年末までに保有していた場合の基準価格のパフォーマンスは 19.03% ですこのパフォーマンス結果を見て、何を感じますか2017年...

  • 2018年の資産運用パフォーマンス

    ボラティリティの低い1年間今年のパフォーマンス結果です円建て +0.02% 米ドル建て +2.77% ($1=\109.65)大晦日にFXでプラ転させましたので昨年末比でプラスになりました大晦日に掉尾の一振の円高が炸裂したので米ドル建ても +2.77% となりました税金分は未考慮です源泉徴収なしの分は利益額が損失額よりも大きいはずなのでさらにマイナス幅は増える見込みです 2018年の資産運用円建て最高値 2018/05/22 +6.52%最安値 2018/12/2...

  • 東証のPBRとバフェット指数の長期推移

    まだ株価チャートを見て取引しているのそもそも論なんですけど株価チャートって意味ありますかね 株価(時価総額)を純資産で除算したのがPBR株価(時価総額)を名目GDPで除算したのがバフェット指数(以下BI)PBRとBIでグラフを書くと、こんな感じになります対象は東証全体の時価総額です茶線が PBR、緑線が BI(LH 左座標)茶色の横線はPBRの単純平均値緑色の横線はBIの単純平均値単純平均は1999年1月から2018年12月の単純平均値...

  • 株のことを頭の中から一掃したい

    投資はメンタルのゲームですか「株価が下落しても まあ配当があるからいっか」「配当をもらいながら 慎ましく暮らすよ」株価急落局面であるあるな台詞 株のことを頭の中から一掃したい楽になりたい一心で売ってしまう人もいますいわゆるリセットです時間をかけて選別した銘柄であれば売りタイミングも売られすぎラインも見当がつきますそのような準備もせず、急落に対する心構えもなければ突然訪れた早急に判断を迫られる状況下に...

  • 株価の下落が想定より早い

    結局 年初来パフォーマンスはマイナス圏へ米国株は天井圏にいるよね に記載のとおり米国株が下げるのは想定とおりですが日米ともにあまりに下落が早すぎる気がします 私が保有する小型株も例外にもれず下落しています年末恒例の損出しクロスもやっています対円ショートのFXで必死にヘッジをしているのですが保有株の株価下落損失をカバーするには至らず年初来パフォーマンスは結局マイナスになりました現在 株式は投資資金の2割程...

  • 米国株急落中 気になるグラフ

    Russel2000 最高値からの下落率が20%突破してた波が反転する時に矛盾が出てくる のつづきです 米国株の株式指数について年初来最高値から直近安値までの下落率をカッコ内に書いてみましたRussel2000指数は 20% 突破していましたS&P500(-13.95%)年初来高値 09/21 2940.91直近安値  12/18 2530.54Russel2000(-20.89%)年初来高値 08/31 1742.09直近安値  12/18 1378.14NASDAQ(-17.50%)年初来高値 08/30 8133.30直...

  • 急落回避こそ資産運用の要

    投資は大きな下落の波に付き合わないことがすべて以前にも 下落を回避したい投資 の中でパフォーマンスにおける下落ダメージの大きさをエントリーで記しましたが再度、書いてみようと思いましたグラフを描いてみました グラフの見方ですが、横軸も縦軸も騰落率です左端は50%下落したものを回復するには100%上昇が必要なことを意味しています右端は100%上昇したものが50%下落すると0 になることを意味していますポートフオリオを...

  • 波が反転する時に矛盾が出てくる

    上がり続ける相場はない米国債の逆イールドが話題となっています2年と5年、3年と5年で逆イールドになりました これまでも米国債のイールドカーブはフラット化に向けて進行していました直近は長期金利の急な上昇によりスティープ化の兆候もありましたが再度フラット化に向けて進み始めました逆イールドはたしかに問題ですでも逆イールドの直前までセーフで逆イールドになった瞬間にピンチという話ではありませんすべては流れです一...

  • 株式インデックス 年初来でマイナスばかり

    米ドル建て 年初来パフォーマンスを評価まだ年末ではないんですけどね昨日 パフォーマンスの資料をまとめたので折角なのでブログにしてみました 年初からのパフォーマンス表です米ドル建てで評価していますブラジルボベスパ指数は昨年末から上昇していますがレアル安の結果、ドル建てでマイナスとなっていますドイツDAXの方がイタリアMIBよりパフォーマンスが悪かったですあと奇跡的に米ドル円が昨年末と同じ値でした1$=\112.69つ...

  • 今年のパフォーマンス マイナスで終わるだろうな

    納税分も含めたら間違いなくマイナス米国の景気や仮想通貨の話題はブログにいろいろと書いてきたのですが個人の保有株のことは しばらく書いていませんでした 確定拠出型年金は、先のエントリーに書いたとおり保有していた国内株式インデックスファンドを売却すべて定期預金にしました定期預金はじめました個人で保有している株式も大半は売却済みです一時期 20銘柄程度を保有していました先の宣言とおり米景気の過熱感と景気後退...

  • バブルとは何か 仮想通貨バブルなのか

    バブルって何ですか仮想通貨に適正価格ってありますか のつづきです「バブルはなぜ崩壊したか」 そんな記事を度々 目にしますその問いに答えるには、そもそもの発端となる「バブルはなぜ発生したか」を考える必要があるし「バブルとは何か」を定義する必要がありますファンダメンタルズから乖離した部分をバブルとするそんな定義が一般的なようですがそもそも「ファンダメンタルズ」という言葉が更に曖昧なんですよねこれは本質価...

ブログ内検索

パフォーマンス計測

ほったらかし投資 2019 05/15更新
収益額 +113,131
投資額 9,300,000

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS