トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カテゴリ:テクノロジーのエントリー一覧

  • 自動運転車は歩行者とドライバーどちらを守る

    判断を委任するということ...

  • GPSなき時代のカーナビ開発物語が面白い

    ヘリウムガスと方位磁石1981年にホンダとトヨタはカーナビを開発したホンダの技術は独特で、航空機で採用されていたジャイロと呼ばれる向きの変化を読み取る装置を自動車にも応用することでカーナビを開発したトヨタは地磁気センサー(方位磁石)でカーナビを開発した当時はナビコンと呼ばれていた プロジェクトX 「カーナビ 迷宮を走破せよ」 でも小話程度に、トヨタとホンダの開発の苦労話が取り上げられていたトヨタのカーナビ...

  • 20年前と生活環境が変化しない人 劇的に変化した人

    機会の平等とテクノロジー私の30歳の貯蓄額 20代 何にお金を使っていましたかのつづきです お金も時間もコストが減っている思えば20代は、そこそこ消費をしていたわけですが今はすっかり消費が減ってきています今の時代なら買う必要のないモノにも当時は結構なお金を払っていたわけですネット環境が果たした役割はかなり大きいですもし現在 20代だったならば消費しないピノキオの娯楽の一部はお金をかけずに楽しめたはずなんですも...

  • 未来にバトンをつなぐこと ウェアラブルとロボットカー

    発想すら変えてしまうテクノロジー真面目な顔をして意味があると固く信じてやっていることもしかしたら未来では全く意味がないどころかむしろ余計なことをしやがってと思われているかもしれません 人間の運転なしで自動走行できる自動車ロボットカーと呼ばれるそうですGPSを使いながら自身の位置を把握して様々な障害物や標識などをカメラで検知道路交通法を遵守しながら目的地に到達する昨今、乗用車にも搭載されるようになったぶ...

  • すみません 楽したいです

    必要は発明の母と言うけれど「必要は発明の母」と言われます発明は必要に迫られるからこそ生まれるという意味です なぜ必要に迫られるのかってことを考えてみたら「面倒」とか「かったるい」とか「楽したい」っていう怠惰な感情が その根底にあるように思いましたもっと世の中を便利にしたいこんな面倒なことはしたくないもっと楽したい 自由時間を増やしたい最先端を突っ走って、便利にしてくれる人にはいつも感謝しています面倒...

  • パソコンとスマホとウェアラブル 市場空間の拡大

    利用と消費と収集 モバイルの役割「若者のパソコン離れ」が意味することの記事がアゴラに掲載されていました 記事を要約させていただきましたパソコンという「道具」は何かを「作る」ための装置だったインターネットが登場しても「作る」ための装置として機能していたスマホやタブレット等の携帯端末の登場によりスマホやタブレットは「作る」機能をなくして「消費する」ことに特化されるようになったあまり普段 意識していないこ...

  • 自動車がハッキングされる

    自動車の未来自動車には多数の電子機器が搭載されており車載ソフトウェアで全体を統括制御している自動車は もはや走るネットワークコンピュータのようになっている クルマのハッキングを防げ の記事から抜粋して引用悪意を持った攻撃者(ハッカー)が車載ソフトウエアの脆弱性を攻撃(ハッキング)し遠隔でエンジンやステアリングを操る。そんな脅威が現実のものになりつつある。致命的な事故につながると考え始めた日米欧の自動...

  • 前歯が抜け落ちた

    歯医者が怖いという感覚の世代格差リタイア後の定期健康診断 バリウムの量が少なくなっているの記事の中で、医療の進歩を感じると書いたばかりですが実は前歯が抜ける事件が一昨日に発生しました子供の頃、自転車でアクロバットをしてしまい口から転落、前歯は2本とも差し歯になっていました差し歯の費用も高額でした 両親には申し訳なかった その差し歯のうち1本が経年劣化でグラグラしていたのですが根っこがなかなか頑丈で容易...

  • テクノロジーが消費を変えていく

    テクノロジーが消費を変えていく 私が就職をした当時はインターネットも携帯電話も全く普及していませんでした。そうポケベル世代です。それすら持っていませんでしたが。日本のパソコンは NEC が高シェアを誇っていましたが日本語の壁を崩すDOS/Vが開発され、IBM PC/AT互換機が日本でも発売されるようになった。同じスペックのマシンで3倍近い差がありました。私が始めて購入したマシンはDELL製で30万円だったけどNEC製は90万円く...

  • 技術発展が音楽の所有意識を薄れさせる その3

    技術発展が音楽の所有意識を薄れさせる その3新たな技術が登場し、旧態然としたビジネスが死んでいく。 アップルの iPod が時代を決定的に変えてしまった発売されたのは 2003年のことだiTunes インフラまで準備、先進的なデザインと操作性でアップルファンだけじゃなく、一般にも急速に広がったネットで評判は世界を駆け巡る 流行の流通速度は凄いメディア媒体で稼いでいた会社TDK、日立マクセル、太陽誘電、ビクターパイオニア...

  • 技術発展が音楽の所有意識を薄れさせる その2

    技術発展が音楽の所有意識を薄れさせる その21998年頃からだろうか MP3が流行しはじめた。 音楽CDをMP3にエンコードすることで1/11 くらいに圧縮することができたけど音質はさほど劣化していない、イイナ コレみんなそんなふうに思って利用者が増えたレンタルビデオ屋からレンタルしてMP3に変換して所有するようになったこの時点で保有媒体はHDDに変わったし保管サイズの問題もMP3が解消してくれたその後、MP3をモバイル端末で聴...

  • 技術発展が音楽の所有意識を薄れさせる その1

    技術発展が音楽の所有意識を薄れさせる その1音楽CDを借りたり、買わなくなったのはいつからだろう 音楽CDを買わなくなったのは1995年頃だから、もう18年も前のことだ借りなくなったのは 1997年頃だと思う買わなくなった理由は音楽から興味が離れつつあったことが一番大きいんだけど流行の曲であれば、レンタルで十分だった次第にレンタルからも遠ざかった当時スカパーに加入していたんだけどスターデジオという音楽番組があって...

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS