トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カテゴリ:マネーのエントリー一覧

  • 期待余命10年未満でも働く人はいる

    死ぬ直前が保有資産 史上最高値平成29年の簡易生命表の概況から男性は65歳で平均余命 約20年女性は70歳で平均余命 約20年 財務省財務総合政策研究所のデータから取得65歳以上の調査世帯9343のうち2268世帯が金融資産(非就労者311万円、就労者230万円)未満となっています構成割合は24.3%であり、先のエントリー数値にも近い値期待余命10年未満の就労世帯を計算してみたら 6.6%非就労世帯は83.4%ですまあ、ほとんどの人は期待余命1...

  • 花見酒の経済 参加者情報の重要性

    聞き慣れない指標がフラグになる浮動株とは発行されている株式の中で安定した株主に保有されておらず市場に流通する可能性の高い株式のことSMBC日興証券の用語解説より抜粋 浮動株という言葉を始めて聞いたという方もしかしたら、いるかもしれません以前に、こんなエントリーを書いたことがあります投資はピラミッド構造で判断する へそこには「参加者」というレイヤーが記載されていますどんな人がゲームに参加しているかを示しま...

  • 60歳で純資産2千万円以上世帯は7割を超えている

    高齢になるほど格差は拡大していくまずは、このグラフを見てください 財務省財務総合政策研究所のデータから取得家計純資産は金融資産、実物資産(不動産のみ)から負債を差し引いた値個人ではなく世帯の数値です2000万円以上は青5000万円以上は橙300万円未満は緑縦軸は世帯割合(%)、横軸は年齢階層世帯主が60歳を超える世帯では300万円未満は1割未満7割以上は2000万円以上の純資産を保有しています現在の私の年齢階層(45歳-49...

  • 最悪の8月が到来 家計データを眺めながら

    家計データ どの程度蓄積していますか皆さんは家計データをどの程度 記録していますか家計簿レベルで記録している家庭もあれば何のデータも記録していない家庭もあると思います 我が家は、手抜き家計です月間消費額、月間収入額、純資産額を記録しています収入額は、給与、賃料収入、配当収入、その他収入の合算消費額は、あくまで概算(変動が少ないです)純資産額は、株式と不動産、預貯金等の合算データは2010年から継続して記...

  • 損しそうだから投資しません

    言葉選びは重要です投資したくない理由のトップに挙げられることが多い「損しそうだから投資しません」あなたは資産をどのような形態で保有していますかそんなありふれた質問の回答結果は預金、現金、マイホームが上位でしょう預金、現金を円で保有している場合であっても常に為替変動、物価変動、金利変動等の各種変動リスクの影響を受けています私は全て投資だと思っています 貯蓄と投資は明確に分離して説明されています金融庁...

  • 名目GDPと比較 日本の株式市場と土地の時価総額

    日本の土地と株式市場の時価総額を名目GDPと対比日本の地価と株価の時価総額を比べてみたら の続きです土地の時価総額は国民経済計算、株式の時価総額は日本証券取引所のサイトで確認できます 名目GDPとその国の株式市場の時価総額の比率はバフェット指数と呼ばれ、参考にされることも多い指標です下のグラフ青線は土地の時価総額/名目GDP赤線は株式市場の時価総額/名目GDP上のグラフ1955年の時価総額を1とした場合の推移です青線...

  • 1995年からITバブル崩壊までの米国株高

    なんとなく思っていること1995年から2000年にかけて米国株はS&P指数で3倍程度に上昇しました FREDでいくつかグラフを描いてみました1994年のメキシコ通貨危機があり1995年の4月にドル円は79円75銭までありました当時も貿易不均衡是正が課題となっていました1995年1月 米国債の長短金利差が一気に縮小しましたそういえば、今週はじめ 米国債の長短金利差が拡大しましたグラフは、長短金利差を独自に重み付けして計算した数値です一...

  • 納税額が消費額を超える

    なんのために働いているんだろう我が家の家計消費額は貧困線と同等水準そんなこともあり、納税額が年間家計消費額を超過することが、ここ数年 定常化していますいろいろな税金払っています うちのかみさんは、節約好きなわけではありませんがあまりお金を多く使うタイプでもないので結果的にあまりお金を使っていません子供は、欲しいものが結構あるようですが小遣いの範囲内で頑張ってやりくりしていますそして私は消費しないこと...

  • 売却タイミング ヤバイと思ってから売っても遅くない

    歴史に学ぶ売却術リーマンショック時 米国債イールドカーブはスティープ化していたのつづきです相場には波がある 大きな波と小さな波 小さな波は無視、大きな波は抵抗せず一目散に逃げる売りタイミングを見極めるため市場の波を眺めている独自のモノサシで米国債イールドカーブを注視中米国債の長短金利差に対して独自の重み付けをして加算したグラフが青本グラフには登場しないWilshire5000 指数の天井(赤)、底(緑)、最終戻...

  • リーマンショック時 米国債イールドカーブはスティープ化していた

    市場の海は平穏ですが、過熱感は増している市場の海をずっと眺めています市場では日中貿易戦争が話題になっています今後、影響は出てくると思いますが現状、海の波は落ち着いているように感じます 米国債の金利差 イールドカーブのフラット化が注目されています消費しないピノキオも、そこそこの資産を運用していますしょぼい給与の会社仕事にエネルギーを費やすよりも自身の資産運用に必死になるのは当然のことですということで、...

  • 米国債長短金利の推移 スプレッドは縮小しているけど

    米国に景気後退はやってくるのか逆イールドへの懸念 話題によく上がります 米国債 20年と2年の推移をグラフ化青が20年債、赤が2年債現状と似たような形状を1993年以降で探してみた①②③④切り取ってみると、形状に違いが見られます①は20年債の上昇が直近で頭打ち②は20年債の上昇がそろそろ限界③は20年債、2年債ともに上昇トレンド形成④は20年債が下落トレンドに陥るかどうかの瀬戸際20年債、2年債ともにヨコヨコになってる2回は この...

  • 保有株が大幅下落したのでパフォーマンス公開

    やられました 調整だと思っていますが負けた時こそ、パフォーマンスを公開してその悲惨な負け具合を自身で実感しなくてはいけません 昨年末からのパフォーマンスの推移昨年末の終値を1000として、07/06 終値で計測日本円建て 1016.2(1.62%)米ドル建て 1035.3(3.53%)目下、円安と株安のダブルパンチで保有資産は下落中かろうじて、年初来プラスですが近日中にマイナス転換もあるでしょうせめて円高になってほしいところ年初か...

  • 投資主体別売買動向 年初来で個人投資家 ついに売り越し

    久しぶりの話題海外投資家、個人投資家 現物と先物の投資主体別売買動向年初から2018年6月2週までの累積推移です 個人投資家さん ついに年初来で売り越し超過になってしまいました3月3週時点で 1.88兆円も買い越していたのに売り越しへ転落くる天ブログ ブログの殿堂FC2ブログ ブログ王...

  • 銀行株下落中 ダメージを受けています

    やられてしまいました現在、銀行株は メガバンク3行、地銀2行を保有中です銀行株、証券株 金融が今週は特に強く売られてしまいました株価も下落基調が鮮明です 銀行株の中では MUFG証券株の中では 野村HDの下落率が特に大きい過去のバリュエーションの推移から自分のモノサシでどれくらいで下げ止まりそうかを計算してみました本日終値比較で、こんな下落率となりましたMUFG -4.3%SMFG -8.1%MHFG -15.1%相対的に割高なMHFGを売り、...

  • 生命保険未加入の分際で生命保険の株 買いました

    中身スカスカのエントリーです保険は昔から興味がありました興味のあまり、あれこれと調べてとても美味しいビジネスということを知りました左側に「保険」のブログカテゴリーも用意していますよかったら見ていってください 生命保険はオーナーにとって美味しいビジネスだから加入せずに、投資する側にまわります株式会社となり、上場してくれてラッキーです相互会社のままでは、加入者は社員扱いです相互会社(そうごがいしゃ、mut...

  • 高PBRで自社株買いしてROEを上昇させる

    ROEの推移に注目ですAAPL(Apple)が1000億米ドル(約11兆円)規模の自社株買いを発表して話題になっていましたAAPLだけではありませんAVGO(Broadcom)もFB(Facebook)も自社株買いを発表しています凄いですね この株価水準での自社株買い 自社株買いのエントリーの締めを表形式でまとめました表の見方を紹介しておきますPBR8.0 の企業が自社株を発行済み株式総数の10% 分を買い付けた場合、購入前後でBPSがどれだけ変化したか...

  • 自社株買いに歓喜する投資家

    自社株買いも 良し悪し では合理的な選択はどれ 配当拠出 自社株買い 内部留保 のつづきです 前回のブログエントリーの表についてBPSとROEの推移を見るとROEの財務レバレッジの話がわかると思います利益の範囲内で購入している分には自己資本への影響はありませんが利益を超えて自社株買いするとPBRが1を超える場合、自己資本は減少していきますつまり、バリュエーションによっては自社株買いをすることで自己資本が減ります配当拠...

  • 合理的な選択はどれ 配当拠出 自社株買い 内部留保

    PBRが決める自社株買いの合理性配当拠出、自社株買い、内部留保どれがいいのでしょうか 配当拠出、自社株買い、内部留保(※)の選択高PBRと低PBRで一覧表にしてみました皆さん、どう思いますか 何が合理的なんでしょうかPBR0.5の場合PBR5.0の場合1.ROE固定ケース2.PER固定ケース※ 内部留保=現預金ではありませんしかし、企業の投資を入れると計算が複雑になるので今回は内部留保は預金預け入れ利率0%としています自社株買い...

  • 無配当はキャリーオーバー

    高配当性向が意味すること無配当は嫌い 高配当が好き 配当性向 何が違う のつづきです 高配当性向といえばREIT日本のJ-REITは収益の90%超を分配するなどの一定の条件を満たせば実質的に法人税がかからない「実質的に法人税がかからない」だからこそ高配当性向となり、結果的に高配当利回り株式にはそういう仕組みはありません税引き後に配当を投資家に分配しているだけです無配はキャリーオーバーなのかドケチ特有の思考法かもし...

  • 無配当は嫌い 高配当が好き 配当性向 何が違う

    配当性向が高い企業は好きですか配当性向は高い方が好きですかまるでREITであるかのように最終利益を全額配当として拠出するそんな企業に投資したいですか 内部留保と配当拠出 何が違う最終利益を内部留保することなくすべて株主に配当拠出していた場合拠出された配当分だけ企業の純資産は減っているはずです新規に投資する人にとっては無配で内部留保してくれていた方が財務数値が配当分だけ良くなるので投資妙味があるともいえま...

  • ROEは経営指標 1株あたり指標にご用心

    ROEを上手につかいこなすBPS成長率 がっちり儲けた会社をご紹介 のつづきです 経営者にとってのROEROEといえば著名な伊藤レポートがありますROE8%を目標に据えられていますROEが8%を超えると株価との連動性が高くなりやすいそんな過去データに基づいているようです「ROEを経営指標として企業に導入していく」2014年の日本再興戦略の中でもROEの記載があります実際、その後 ROE向上を目標に据えた企業も増えてきました経営者に課す...

  • BPS成長率 がっちり儲けた会社をご紹介

    BPS成長と企業価値の向上ROE BPS成長率で企業成長を確認する の続きです リーマンショック後の2009年から2016年までの間BPSが3倍になった上場企業どれくらいあると思いますか7年間で3倍ということは7年間の平均BPS成長率は約17%となります2017年新春号の四季報CD-ROMでスクリーニングしたら82社でした(2009年時点でのBPSがプラスの企業のみ抽出)am y当期間の日本の上位3社、米国の著名企業その他 おまけ企業を紹介しておきます以...

  • ROE BPS成長率で企業成長を確認する

    ROE、BPS成長率、内部留保、サブティナブル成長率ROE 指標はどれくらい役立たずなのか のつづきです ROEは、直近の株主資本に対する最終利益の割合つまり 直近のみの分析指標となります毎四半期毎に最終利益のうち、外部流出しなかった分内部留保分は株主資本に組み込まれていきます内部留保率とは税引き後の最終利益から配当等により外部流出しなかった割合を意味しますROEと内部留保率の積はサスティナブル成長率と呼ばれます下...

  • ROE 指標はどれくらい役立たずなのか

    ROEの意味するところROEのこと 書いてみますPBR=PER×ROE なので ROE=PBR/PERPER=株価/EPS、PBR=株価/BPS だからROE=EPS/BPS ということです現状のBPSに対するEPSの割合がROE ROEの説明として、よく定義される言葉はこんな感じROEは Return On Equityの略「株主資本利益率」と呼びます株主が投資した金額で、企業がどのくらい利益をあげているのかがわかる指標ROEとはBPS:1株あたり株主資本EPS:1株あたり純利益ROE=EPS/BPSの式と...

  • 生金では消費しない 利金で消費する

    マネーを4分類で管理する蓄財思考法いろいろな蓄財方法が著書や雑誌記事そしてブログなどで紹介されているのですが正直、どれもピンと来ません小手先な感じがするものが多いと感じます思考と行動をセットで変えなければ何も変わりません思考を変えるという点がありがちな節約術には欠けています お金を貯めるだけなら簡単にできるんですお金を使わなければいいだけです自分なりに確固として守り続けていることがありますお金を4つ...

  • 船ではなく海を眺めています 売買タイミングの話

    私の株式売買タイミングの考え方株を買う時、売る時 何で判断していますか 景気の波の影響は企業にもれなく及びます企業が船だとすると、経済、そして景気は海です株の売買に原則なんてありません個人的な仔細ルールも決めていませんが買いと売りでは、考え方、取り組み方が違います株を買う時市場の過熱感、景気動向、企業動向を見て判断しています景気の先行きが良さそうだと思ったら市場が過熱していない状況と判断したら恩恵を...

  • 株主優待マジック ワタミ決算と企業姿勢

    投資先に株主優待導入を提案しようかな保有株の決算発表がありました概ね良好な決算内容でしたが今期予想は横ばいか悪い数字になっています投資先ではない会社の決算を見て株価をチェックしていたら驚くことがあったので、紹介します ワタミさんの決算内容についてです1株当たり当期純利益(EPS)の推移H29.3 -46.89H30.3 3.86H31.3(予想) 5.11適時開示情報を時系列に眺めている時にたまたま、ワタミを見かけただけですEPSだ...

  • 投資本に正解や解決策を期待しますか

    思い込みで負けないために以前の著書の紹介を1回だけ書いたことがありますインパクトのあった著書をご紹介投資本 数多くはないですが、何冊かは読みました振り返ってみて、いいと思った本は1冊だけかな 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントです不動産投資の本、リタイアを薦めている本労働者をバカにしている本マルチの勧誘によく使われる本読み手の解釈はさまざまです消費しないピノキオには著書のタイトルのとおりクワ...

  • 死んだフリして人員削減 キラキラ株を斬る

    任天堂、キーエンス、ファナック キラキラ株の将来性鳴かず飛ばずのメガバンク のつづきです 先のグラフのことを、少し書きますこの結果は、銀行株についていえば保有株の株高による有価証券評価額の増大と自身の株価の低迷によるところが大きいですだから三行ともに割安になっています世間では銀行はマイナス金利を含めて銀行は未来も輝かしくなく、リストラも計画もしているので今後、暗澹たる先行きになるだろうと認識されてい...

  • 鳴かず飛ばずのメガバンク

    日米金融企業を比較してみたこれからメガバンクをヨイショしますポジショントークですがファクトを並べています連結ではフィナンシャルグループ金融業はそんなに従業員を必要としませんマイナス金利や経費率を理由にして今のうちに連結従業員数をグッと減らしてほしい 以下 連結指標です米国株は2017/12、日本株は2018/03(予測値)です従業員数はYahoo Finance から取得日本の金融業三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)税引き...

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS