FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

タグ:株式投資 のエントリー一覧

  • 蓄財を成功させるには

    フローを増やし続け、ストックを減らさないフローに関しては この3つだけです収入を増やす貯蓄率を増やす利回りを増やす億り人になるにはこの中で、会社に入社してから20年間で蓄財できる資産額のシミュレーションをしてみました 収入を増やし、支出を減らし残金を投資して利回りを得るそして、さらに投資をする資産回転の中で得たお金を利金給与等 初期(一次)で得た収入は生金と定義しています生金では消費しない 利金で消費す...

  • 株式投資 「今は買い」にも見解に差がある

    共通のモノサシで認識を合わせてみよう年中 「割安です 今が買いです」 と言い続けて飯を食い続けている人がいるのが投資業界の摩訶不思議なところです言葉遊びですから 真に受けてはいけません そんな 「今が買いです」 と言っている人に対してでは、今は景気サイクルのどの辺りにいると考えていますかと聞いてみると、見解に差が生じるのではと思っています日本経済の現状が①から⑥の間のどこに位置しているかそんな質問を投げ...

  • 2019年 ほったらかしチャレンジ

    今年は為替と個別株と株式インデックスある条件で1回だけ購入した後 一切売ることなく1年間ほったらかしで年初来パフォーマンスがどう変化するかただの自己満足企画 すべて 新規指値売りで今日から開始個別株は各10万円株式指数は各50万円米ドル円、ユーロ円は各300万円豪ドル円は200万円空売り可能な銘柄のみ選択(TSLAはCFD)実際には売買しない未約定は計測対象外スワップ、配当、手数料、税金 その他経費は すべて計算外個別株...

  • 2018年の資産運用パフォーマンス

    ボラティリティの低い1年間今年のパフォーマンス結果です円建て +0.02% 米ドル建て +2.77% ($1=\109.65)大晦日にFXでプラ転させましたので昨年末比でプラスになりました大晦日に掉尾の一振の円高が炸裂したので米ドル建ても +2.77% となりました税金分は未考慮です源泉徴収なしの分は利益額が損失額よりも大きいはずなのでさらにマイナス幅は増える見込みです 2018年の資産運用円建て最高値 2018/05/22 +6.52%最安値 2018/12/2...

  • 株のことを頭の中から一掃したい

    投資はメンタルのゲームですか「株価が下落しても まあ配当があるからいっか」「配当をもらいながら 慎ましく暮らすよ」株価急落局面であるあるな台詞 株のことを頭の中から一掃したい楽になりたい一心で売ってしまう人もいますいわゆるリセットです時間をかけて選別した銘柄であれば売りタイミングも売られすぎラインも見当がつきますそのような準備もせず、急落に対する心構えもなければ突然訪れた早急に判断を迫られる状況下に...

  • 株価の下落が想定より早い

    結局 年初来パフォーマンスはマイナス圏へ米国株は天井圏にいるよね に記載のとおり米国株が下げるのは想定とおりですが日米ともにあまりに下落が早すぎる気がします 私が保有する小型株も例外にもれず下落しています年末恒例の損出しクロスもやっています対円ショートのFXで必死にヘッジをしているのですが保有株の株価下落損失をカバーするには至らず年初来パフォーマンスは結局マイナスになりました現在 株式は投資資金の2割程...

  • 株式インデックス 年初来でマイナスばかり

    米ドル建て 年初来パフォーマンスを評価まだ年末ではないんですけどね昨日 パフォーマンスの資料をまとめたので折角なのでブログにしてみました 年初からのパフォーマンス表です米ドル建てで評価していますブラジルボベスパ指数は昨年末から上昇していますがレアル安の結果、ドル建てでマイナスとなっていますドイツDAXの方がイタリアMIBよりパフォーマンスが悪かったですあと奇跡的に米ドル円が昨年末と同じ値でした1$=\112.69つ...

  • 今年のパフォーマンス マイナスで終わるだろうな

    納税分も含めたら間違いなくマイナス米国の景気や仮想通貨の話題はブログにいろいろと書いてきたのですが個人の保有株のことは しばらく書いていませんでした 確定拠出型年金は、先のエントリーに書いたとおり保有していた国内株式インデックスファンドを売却すべて定期預金にしました定期預金はじめました個人で保有している株式も大半は売却済みです一時期 20銘柄程度を保有していました先の宣言とおり米景気の過熱感と景気後退...

  • カンファレンスボードの景気指数を見てみた

    景気先行指数と景気一致指数米国の景気指標を見る上で参考となるカンファレンスボードの指標景気先行指数(Leading Economic Index LEI)景気一致指数(Coincident Economic Index CEI)景気遅行指数(Lagging Economic Index LAG) 米国だけでなく日本の分析もされています各国でグラフの形がまるで違いますが景気後退局面では似たようなグラフ形状になりますいくつかの指標の組み合わせで構成された指標でとても参考になりますこ...

  • 定期預金はじめました

    確定拠出型年金 商品入れ替えを始めて実行会社で加入している確定拠出型年金の運用の話10/17 日経平均連動型のインデックス投信を売却しました確定拠出型年金に加入した後、この投信を買ってずっと積み立ててきたのですが、売却しました 本当はもっと早く売却したかったのですがログイン情報をまた忘れてしまって郵送で送ってもらい 手続きまで遅れてしまいました売却後、商品を選ぶわけですが、定期預金にしました金利が 小数点...

  • 株式投資 MRF残高と投資主体別売買動向

    アベノミクス始動とともに塩漬け株の売りも始動あまり書くこともないのでまた投資の話を書いてしまいます MRF残高の推移 - TOPIXMRF残高の推移にTOPIXの推移をつけてみました緑:MRF残高、橙:TOPIX2012年の下旬頃よりMRF残高が急増しています投資主体別売買動向によれば、拾ったのは外国人投資家ですMRF残高は現時点で2018年8月までしかデータ公開されていませんが直近で株価下落があったので現時点でも 11.0兆円から11.5兆円くらい...

  • 私たちは僅かな情報で投資をしている

    AI時代の情報の寡占化その昔 競馬新聞を眺めた時に素直に感じたことこれだけの情報でどうして賭けられるのだろう これは競馬に限らない話です情報って、数値化されていなものまで含めたらほぼ無限です現在のテクノロジーで観測できるってことも情報化する上で1つの制約事項になりますさらに私たちが不必要と思っている情報の中に大事な情報が含まれているかもしれません必要と思っていても、公開義務がない情報もあります結果的に...

  • 自分にはマネできない投資法

    全てを被る覚悟の投資スタイル売るつもりのない投資短期回転売買の投資どちらも自分にはマネできない投資法です自分にできないことをやってる人はやはり気になるし、凄いなと思うわけです 短期回転売買投資で生き残る投資家直感的に思っていることですが投資期間が短いほどスキルを要する投資期間が長いほどスキルを要しないデイトレ、スキャルピング そしてスイングを含めても短期回転売買で継続して利益を得ている人は疑いようも...

  • 投資先の保有資産 把握してますか 親子逆転を食う

    えっ 効率的市場ですか そうですか企業は多様な資産を保有しているその資産の種別、規模を知った上で適時適切なタイミングで投資をする 企業業績(売上、利益)は都度変動するが保有資産内容はそうそう変化しない時価のある資産であれば、市況を見ていればどれくらいの包括利益で着地しそうカナって簡単にそろばんを弾くことだってできるたとえば株式を大量に保有している企業であればその企業の包括利益は保有している株式の株価...

  • 火事場に誰かを座らせてから、静かに退散

    ちょっとタバコ買ってくるバフェットが言ったとされる言葉の中でも一番好きな言葉 もし劇場が火事になれば、ただ逃げればよいしかし金融市場が炎上したら自分が座っていた席に誰かを座らせてから逃げるというとても困難なことをしなければならないやはり株式投資は「売り」が全てだなと思うわけです「売り」という視点で見ると、流動性が全てです「売りたくても売れない」 株は身動きとれませんそんな状況を回避したくて、昨年から...

  • バフェットがキャッシュポジションを増やしている

    今は情報入手がホント簡単バフェットがキャッシュポジションを増やしているそんな話題がありましたバフェットは バークシャーハサウェイ(Berkshire Hathaway) BRK を経営しているので、そちらのバランスシートを見て現金と短期投資資金の合計値を総資産で割り比率を計算してみました(ここではキャッシュ比率として書いています) グラフは、2006の1Qから2018の2Qまで四半期単位が横軸2006の1Qを100として、Shiller PER、Wilshir...

  • 下落を回避したい投資

    過熱感が増している間はむしろ安心投資方針や損切りルールなど、何も立てていませんが「負けにくい投資」は意識して取り組んでいます リーマンショック当時のことを書いたブログを見かけましたその手のニュース、ツイートもよく見かけます下落は資産運用でとりわけ大きなダメージを生みます50%上昇、50%下落を20回繰り返すと資産評価は、最初の5.63%になってしまいます50%上昇とバランスする下落率は33.33%ですこの組み合わせだと...

  • 投資信託のパフォーマンスを眺めつつ

    厳しい 2018年の年初来パフォーマンス2017年 年初来パフォーマンスを検証していた投資信託のポートフォリオ まだ残っていました2017年 投資信託パフォーマンス2016年末と2017年末から現在までのパフォーマンスがどうなったか簡単に見ることが可能なので、まとめてみました 今年はやはり厳しい結果になってますねほとんどマイナスです但し 2016年末からの推移をみるとほとんどプラスとなります決して悪いパフォーマンスではありませ...

  • ヤバイ会社には投資できません

    財務不安の大きな会社のボラティリティ2017年にブログに書いていた年初からのパフォーマンス推移現時点でどうなっているのか チェックしてみました こんなグラフになりました1->4の順にデータのばらつきが小さくなっています財務的にヤバイと思う銘柄のうち、3銘柄は上場廃止になりました2017年にも 結果をブログに記したことがありましたが2018年になっても、結果は一緒ですね財務不安の大きな会社ほどボラティリティが高いです...

  • 資産に占めるキャピタルゲインと含み益の比率

    投資スタイルと収益比率消費しないピノキオの場合、収入源は3つです1.給与、その他 収入2.インカムゲイン(不動産賃貸収入、配当収入)3.キャピタルゲイン(不動産、株式の売却益)1と2の合算収入からコスト(税を含む)と生活支出を除去した値を「収益」と定義します保有資産から負債を除いた家計純資産をここでは「純資産」と定義します(繰り延べ税金負債は未計上です)純資産と収益をグラフとして描いてみました 橙の...

  • 相場はより過熱する方向へ

    今、頭と尻尾を食べています米経済が景気後退する直前で売り抜けたい そんな考えの下、独自のモノサシで相場の波を見ています先週、米国国債金利、長短金利差のフラット化が進みました私が管理しているグラフでも、こんな感じになっています見事に下抜け(フラット化)に向かいましたグラフは年初からの動きです長短金利差もパラメーターに加えている複合指標こちらも過熱感はさらに増してグラフは下抜けへITバブルの天井で付けた...

  • 日経平均ザラ場6994円 その日より株価下落した銘柄

    浮き沈み 会社もいろいろ日経平均株価がザラバで6994.9円台をつけた 2008年10月28日その日の株価と比較して 日経平均は2.92倍、TOPIXは2.17倍インデックスは急上昇しているわけですがおもしろいことに下がっている銘柄もあるわけですよ 選択したのは私が保有中のメガバンク三行人気のあるファナック、キーエンス、任天堂株主優待で割高な株価を維持し続ける日本マクドナルド叩かれまくりながらも株主優待で踏ん張るワタミプロキシ...

  • 名目GDPと比較 日本の株式市場と土地の時価総額

    日本の土地と株式市場の時価総額を名目GDPと対比日本の地価と株価の時価総額を比べてみたら の続きです土地の時価総額は国民経済計算、株式の時価総額は日本証券取引所のサイトで確認できます 名目GDPとその国の株式市場の時価総額の比率はバフェット指数と呼ばれ、参考にされることも多い指標です下のグラフ青線は土地の時価総額/名目GDP赤線は株式市場の時価総額/名目GDP上のグラフ1955年の時価総額を1とした場合の推移です青線...

  • 1995年からITバブル崩壊までの米国株高

    なんとなく思っていること1995年から2000年にかけて米国株はS&P指数で3倍程度に上昇しました FREDでいくつかグラフを描いてみました1994年のメキシコ通貨危機があり1995年の4月にドル円は79円75銭までありました当時も貿易不均衡是正が課題となっていました1995年1月 米国債の長短金利差が一気に縮小しましたそういえば、今週はじめ 米国債の長短金利差が拡大しましたグラフは、長短金利差を独自に重み付けして計算した数値です一...

  • 保有株が大幅下落したのでパフォーマンス公開

    やられました 調整だと思っていますが負けた時こそ、パフォーマンスを公開してその悲惨な負け具合を自身で実感しなくてはいけません 昨年末からのパフォーマンスの推移昨年末の終値を1000として、07/06 終値で計測日本円建て 1016.2(1.62%)米ドル建て 1035.3(3.53%)目下、円安と株安のダブルパンチで保有資産は下落中かろうじて、年初来プラスですが近日中にマイナス転換もあるでしょうせめて円高になってほしいところ年初か...

  • 投資主体別売買動向 年初来で個人投資家 ついに売り越し

    久しぶりの話題海外投資家、個人投資家 現物と先物の投資主体別売買動向年初から2018年6月2週までの累積推移です 個人投資家さん ついに年初来で売り越し超過になってしまいました3月3週時点で 1.88兆円も買い越していたのに売り越しへ転落くる天ブログ ブログの殿堂FC2ブログ ブログ王...

  • 合理的な選択はどれ 配当拠出 自社株買い 内部留保

    PBRが決める自社株買いの合理性配当拠出、自社株買い、内部留保どれがいいのでしょうか 配当拠出、自社株買い、内部留保(※)の選択高PBRと低PBRで一覧表にしてみました皆さん、どう思いますか 何が合理的なんでしょうかPBR0.5の場合PBR5.0の場合1.ROE固定ケース2.PER固定ケース※ 内部留保=現預金ではありませんしかし、企業の投資を入れると計算が複雑になるので今回は内部留保は預金預け入れ利率0%としています自社株買い...

  • ROEは経営指標 1株あたり指標にご用心

    ROEを上手につかいこなすBPS成長率 がっちり儲けた会社をご紹介 のつづきです 経営者にとってのROEROEといえば著名な伊藤レポートがありますROE8%を目標に据えられていますROEが8%を超えると株価との連動性が高くなりやすいそんな過去データに基づいているようです「ROEを経営指標として企業に導入していく」2014年の日本再興戦略の中でもROEの記載があります実際、その後 ROE向上を目標に据えた企業も増えてきました経営者に課す...

  • ROE 指標はどれくらい役立たずなのか

    ROEの意味するところROEのこと 書いてみますPBR=PER×ROE なので ROE=PBR/PERPER=株価/EPS、PBR=株価/BPS だからROE=EPS/BPS ということです現状のBPSに対するEPSの割合がROE ROEの説明として、よく定義される言葉はこんな感じROEは Return On Equityの略「株主資本利益率」と呼びます株主が投資した金額で、企業がどのくらい利益をあげているのかがわかる指標ROEとはBPS:1株あたり株主資本EPS:1株あたり純利益ROE=EPS/BPSの式と...

  • 船ではなく海を眺めています 売買タイミングの話

    私の株式売買タイミングの考え方株を買う時、売る時 何で判断していますか 景気の波の影響は企業にもれなく及びます企業が船だとすると、経済、そして景気は海です株の売買に原則なんてありません個人的な仔細ルールも決めていませんが買いと売りでは、考え方、取り組み方が違います株を買う時市場の過熱感、景気動向、企業動向を見て判断しています景気の先行きが良さそうだと思ったら市場が過熱していない状況と判断したら恩恵を...

ブログ内検索

パフォーマンス計測

ほったらかし投資 2019 03/16更新
収益額 -129,085
投資額 9,300,000

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS