FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

タグ:株式投資 のエントリー一覧

  • バフェットがキャッシュポジションを増やしている

    今は情報入手がホント簡単バフェットがキャッシュポジションを増やしているそんな話題がありましたバフェットは バークシャーハサウェイ(Berkshire Hathaway) BRK を経営しているので、そちらのバランスシートを見て現金と短期投資資金の合計値を総資産で割り比率を計算してみました(ここではキャッシュ比率として書いています) グラフは、2006の1Qから2018の2Qまで四半期単位が横軸2006の1Qを100として、Shiller PER、Wilshir...

  • 下落を回避したい投資

    過熱感が増している間はむしろ安心投資方針や損切りルールなど、何も立てていませんが「負けにくい投資」は意識して取り組んでいます リーマンショック当時のことを書いたブログを見かけましたその手のニュース、ツイートもよく見かけます下落は資産運用でとりわけ大きなダメージを生みます50%上昇、50%下落を20回繰り返すと資産評価は、最初の5.63%になってしまいます50%上昇とバランスする下落率は33.33%ですこの組み合わせだと...

  • 投資信託のパフォーマンスを眺めつつ

    厳しい 2018年の年初来パフォーマンス2017年 年初来パフォーマンスを検証していた投資信託のポートフォリオ まだ残っていました2017年 投資信託パフォーマンス2016年末と2017年末から現在までのパフォーマンスがどうなったか簡単に見ることが可能なので、まとめてみました 今年はやはり厳しい結果になってますねほとんどマイナスです但し 2016年末からの推移をみるとほとんどプラスとなります決して悪いパフォーマンスではありませ...

  • ヤバイ会社には投資できません

    財務不安の大きな会社のボラティリティ2017年にブログに書いていた年初からのパフォーマンス推移現時点でどうなっているのか チェックしてみました こんなグラフになりました1->4の順にデータのばらつきが小さくなっています財務的にヤバイと思う銘柄のうち、3銘柄は上場廃止になりました2017年にも 結果をブログに記したことがありましたが2018年になっても、結果は一緒ですね財務不安の大きな会社ほどボラティリティが高いです...

  • 資産に占めるキャピタルゲインと含み益の比率

    投資スタイルと収益比率消費しないピノキオの場合、収入源は3つです1.給与、その他 収入2.インカムゲイン(不動産賃貸収入、配当収入)3.キャピタルゲイン(不動産、株式の売却益)1と2の合算収入からコスト(税を含む)と生活支出を除去した値を「収益」と定義します保有資産から負債を除いた家計純資産をここでは「純資産」と定義します(繰り延べ税金負債は未計上です)純資産と収益をグラフとして描いてみました 橙の...

  • 相場はより過熱する方向へ

    今、頭と尻尾を食べています米経済が景気後退する直前で売り抜けたい そんな考えの下、独自のモノサシで相場の波を見ています先週、米国国債金利、長短金利差のフラット化が進みました私が管理しているグラフでも、こんな感じになっています見事に下抜け(フラット化)に向かいましたグラフは年初からの動きです長短金利差もパラメーターに加えている複合指標こちらも過熱感はさらに増してグラフは下抜けへITバブルの天井で付けた...

  • 日経平均ザラ場6994円 その日より株価下落した銘柄

    浮き沈み 会社もいろいろ日経平均株価がザラバで6994.9円台をつけた 2008年10月28日その日の株価と比較して 日経平均は2.92倍、TOPIXは2.17倍インデックスは急上昇しているわけですがおもしろいことに下がっている銘柄もあるわけですよ 選択したのは私が保有中のメガバンク三行人気のあるファナック、キーエンス、任天堂株主優待で割高な株価を維持し続ける日本マクドナルド叩かれまくりながらも株主優待で踏ん張るワタミプロキシ...

  • 名目GDPと比較 日本の株式市場と土地の時価総額

    日本の土地と株式市場の時価総額を名目GDPと対比日本の地価と株価の時価総額を比べてみたら の続きです土地の時価総額は国民経済計算、株式の時価総額は日本証券取引所のサイトで確認できます 名目GDPとその国の株式市場の時価総額の比率はバフェット指数と呼ばれ、参考にされることも多い指標です下のグラフ青線は土地の時価総額/名目GDP赤線は株式市場の時価総額/名目GDP上のグラフ1955年の時価総額を1とした場合の推移です青線...

  • 1995年からITバブル崩壊までの米国株高

    なんとなく思っていること1995年から2000年にかけて米国株はS&P指数で3倍程度に上昇しました FREDでいくつかグラフを描いてみました1994年のメキシコ通貨危機があり1995年の4月にドル円は79円75銭までありました当時も貿易不均衡是正が課題となっていました1995年1月 米国債の長短金利差が一気に縮小しましたそういえば、今週はじめ 米国債の長短金利差が拡大しましたグラフは、長短金利差を独自に重み付けして計算した数値です一...

  • 保有株が大幅下落したのでパフォーマンス公開

    やられました 調整だと思っていますが負けた時こそ、パフォーマンスを公開してその悲惨な負け具合を自身で実感しなくてはいけません 昨年末からのパフォーマンスの推移昨年末の終値を1000として、07/06 終値で計測日本円建て 1016.2(1.62%)米ドル建て 1035.3(3.53%)目下、円安と株安のダブルパンチで保有資産は下落中かろうじて、年初来プラスですが近日中にマイナス転換もあるでしょうせめて円高になってほしいところ年初か...

  • 投資主体別売買動向 年初来で個人投資家 ついに売り越し

    久しぶりの話題海外投資家、個人投資家 現物と先物の投資主体別売買動向年初から2018年6月2週までの累積推移です 個人投資家さん ついに年初来で売り越し超過になってしまいました3月3週時点で 1.88兆円も買い越していたのに売り越しへ転落くる天ブログ ブログの殿堂FC2ブログ ブログ王...

  • 合理的な選択はどれ 配当拠出 自社株買い 内部留保

    PBRが決める自社株買いの合理性配当拠出、自社株買い、内部留保どれがいいのでしょうか 配当拠出、自社株買い、内部留保(※)の選択高PBRと低PBRで一覧表にしてみました皆さん、どう思いますか 何が合理的なんでしょうかPBR0.5の場合PBR5.0の場合1.ROE固定ケース2.PER固定ケース※ 内部留保=現預金ではありませんしかし、企業の投資を入れると計算が複雑になるので今回は内部留保は預金預け入れ利率0%としています自社株買い...

  • ROEは経営指標 1株あたり指標にご用心

    ROEを上手につかいこなすBPS成長率 がっちり儲けた会社をご紹介 のつづきです 経営者にとってのROEROEといえば著名な伊藤レポートがありますROE8%を目標に据えられていますROEが8%を超えると株価との連動性が高くなりやすいそんな過去データに基づいているようです「ROEを経営指標として企業に導入していく」2014年の日本再興戦略の中でもROEの記載があります実際、その後 ROE向上を目標に据えた企業も増えてきました経営者に課す...

  • ROE 指標はどれくらい役立たずなのか

    ROEの意味するところROEのこと 書いてみますPBR=PER×ROE なので ROE=PBR/PERPER=株価/EPS、PBR=株価/BPS だからROE=EPS/BPS ということです現状のBPSに対するEPSの割合がROE ROEの説明として、よく定義される言葉はこんな感じROEは Return On Equityの略「株主資本利益率」と呼びます株主が投資した金額で、企業がどのくらい利益をあげているのかがわかる指標ROEとはBPS:1株あたり株主資本EPS:1株あたり純利益ROE=EPS/BPSの式と...

  • 船ではなく海を眺めています 売買タイミングの話

    私の株式売買タイミングの考え方株を買う時、売る時 何で判断していますか 景気の波の影響は企業にもれなく及びます企業が船だとすると、経済、そして景気は海です株の売買に原則なんてありません個人的な仔細ルールも決めていませんが買いと売りでは、考え方、取り組み方が違います株を買う時市場の過熱感、景気動向、企業動向を見て判断しています景気の先行きが良さそうだと思ったら市場が過熱していない状況と判断したら恩恵を...

  • 国内個人投資家 26兆円売り越しから一転、買い越しに転換

    投資主体の動向に変化 どう動きますか2013年1月からの2017年12月末までの現物と先物の累計額を調べてみました 国内個人投資家 26兆円を売り越し2018年の年初からの押し目をきっかけとして満を持して買い越しに転換中海外投資家 13兆円を買い越し2018年の年初から6.5兆円弱を売り越しです2013年1月からの累計買い越し額は6.5兆円程度となってしまいました日本銀行 16兆円を買い越し2018年の年初から1.3兆円弱をお買い上げここま...

  • 下落相場のプロテクター

    痛みを痛みと感じてしまいます株式投資 買値に意味はないけど のつづきです「神様、もう少しだけ」 頑張って欲しい 保有株の株価が下落することは当然に嫌ですがどちらかというと、企業の業績(主に財務)が毀損することの方が遥かに嫌なんです保有株の株価下落は、ノイズと受け流せますがバランスシートが大きく毀損するようなことがあれば回復までに確実に数年間を要するからですここでいう回復の対象とは株価ではなく財務数値の...

  • 株式投資 買値に意味はないけど

    買値というアンカーを外す先日の急落から、少しずつ株価が持ち直してきていますセンチメントも改善してきたようです「神様、もう少しだけ」 頑張って欲しい 株式投資ブログや雑誌、データを眺めていると含み益が消えた、含み損になったなど買値が一喜一憂の要因になっているようですこういう傾向があるからこそ価格帯別出来高が売買の若干の参考になります9割負けると噂される弱小個人投資家だけの価格帯別の売買金額や出来高証券...

  • 海外投資家の売買動向 累積グラフ

    海外投資家は売ってるけどね以前からデータを集めている投資主体別売買動向2015年の5月最終週から海外投資家が本格的に売り始めたのでそこを起点としてグラフをプロットしている 投資主体別売買動向海外投資家の現物と先物の合計額2月1週までのデータです2015年5月最終週から 12.7兆円 を売り越していますこれだけ株式市場の売買シェアの7割を占めるという海外投資家に売り越されつつも現状の株高を維持しているわけです日銀の買い...

  • 信じる投資

    面倒をどこまで委任しますか消費しないピノキオは自国通貨の現預金ですら投資だと思っています円を持つということも1つの選択です 視野が違うと合理的と考える内容も異なる見えている範囲が違うから、行動も違ってくるAさんの語る合理性とBさんの語る合理性互いのテリトリーの内では合理的でそれを正しいと信じて疑わないんだろうけどテリトリーを超えて範囲を拡大していくと合理的だと信じてくれる人は減ってくる名目価値 つまり...

  • 株価急落で見事に被弾しました

    すがすがしい気分です内容の薄い感想文を書きます株式相場 ストーンと下がりました2/5、 6の両日ともに大幅下落 2/2 の金曜日は休暇でした株の整理を始めようと思ったんです今年ポジションを落とすことは決めていたので今、どれを売ろうかなと検討していました2018年の投資プラン のエントリーで「来年2月末まで株高を維持してほしい」なんて書いていました1銘柄だけ、全部放り投げました投げた銘柄は下落率がとくに大きかったの...

  • 2017年の投資 何を買えばよかったのか

    2017年は株式全面高の状況今年も一発目の投稿は去年のふりかえり2017年 何を買えばよかったのか米ドル換算で評価をしてみました 1年間持ち続けた場合の年初からの騰落率消費しないピノキオが管理している指標の範囲での比較になる点をご留意ください去年よりはパワーアップしています2016年は、ロシアRTS指数とブラジルボベスパ指数が上位に並んでいました2017年は、韓国KOSPI指数が上位にいます北朝鮮情勢の緊迫で、下位にいると...

  • 2017年12月の保有株パフォーマンス

    1年間 個別株をほったらかし投資した結果一切売買しないとパフォーマンスはどうなるこのエントリーのとおり個別株を一切売買せず完全ほったらかしでパフォーマンスを比較する企画 今月のパフォーマンス結果12月末日時点の年初来パフォーマンス結果は以下のとおりです米ドル建て指標は1$=\112.69 で円建てに変換して計算1年間という短い期間ではありましたが中小型株が好調な1年でしたその結果、消費しないピノキオ(PI)の構成銘柄...

  • 今年のお金を振り返り 収入編

    労働収入のコスパが悪い労働収入 総評:△今年も飽きもせずサラリーマンを続けました稼いだ給与が生活費となり、投資資金の種になりそんな労働収入も、僅かですが家計に貢献悲しいことに、今年は労働時間が増えました一時期、非常に忙しかったです残業も付かないので、大きなマイナス評価です年々、総収入に占める給与収入の貢献割合が減ってきています世間がよく言う「モチベーション」という言葉とはほぼ無縁に仕事を淡々と惰性で...

  • 2017年投資資産運用の推移

    実際の年初来パフォーマンス結果年初からの投資純資産の推移を米ドル建てと円建てで管理しています毎月 パフォーマンスを計測しているほったらかしの投資とは異なり投資用に一定額をプールしている待機資金や賃貸不動産分も含まれているので今年のような上昇相場ではパフォーマンスは悪くなります 米ドル円は 113.40株式の時価は昨日終値で計算しました年初から現在までの結果は、こんな感じです円建て +23.2%米ドル建て +27.0%今...

  • 浮動株PERって聞いたことありますか

    株式の流動性花見酒の経済 参加者情報の重要性 のつづきです バブル期の四季報消費しないピノキオは図書館で閲覧したことがありますそこには浮動株PERがランキング形式で掲載されていました図書館で閲覧するまで、まったく知らない指標でした丁寧に計算式まで記載されています浮動株PER = PER×浮動株比率はい、想像とおりの計算式です片倉タワー 年足チャート kabutanより浮動株PERのランキングの上位には証券会社が並んでいます(...

  • 2017年11月の保有株パフォーマンス

    ほったらかし観測 来年もやります一切売買しないとパフォーマンスはどうなるこのエントリーのとおり個別株を一切売買せず完全ほったらかしでパフォーマンスを比較する企画 今月のパフォーマンス結果11月末日時点の年初来パフォーマンス結果は以下のとおりです米ドル建て指標は1$=\112.53 で円建てに変換して計算残すところ、本年もあと1ヶ月今年から、ほったらかしの観測を始めたわけですが売買なんて全くしなくても、テーマに合致...

  • 9月末に株を買い 3月中旬までに株を売る

    過去のデータが物語る事実消費しないピノキオは2010年頃から詳細な家計データを蓄積し続けています そのデータを月次集計しています月単位でデータを調べてみたら明らかに特徴的なことが発見できました今回の調査ではデータを少し加工しました月単位に7年間のデータを並べます月単位の最高と最低のデータを削除します月単位に平均値を求めますその結果、上位には10月から2月が並び下位には4月から8月が並びました春の訪れとともに...

  • 感情で動く世界をバカにするための株式投資

    相反する感情の中で今回も自分の内面にフォーカスしたエントリー 前回 自分の感情を粗末に扱っていることを書いた自分の感情をないがしろにしていますもうちょっと、エッジを効かせると感情で動く世界をバカにしているんです株式市場は感情で動く世界自らが自分の判断だけは正しいと信じて虎の子マネーを動かして成否を確認する場所以前にも書いたことですがこの社会、大の大人がガチンコの勝負をする場所って少ないです株式市場は...

  • 株価が気になりすぎて仕事にならない

    給与収入にこだわる人の病理株価が気になりすぎて仕事にならない本業を疎かにしてはいけない そんな言葉を目にするようになったのはいつからだったろう消費しないピノキオにとっては株式投資も不動産投資も会社での仕事もどれも収入に関する話なので重要ですあとは収入の多寡に応じた優先度の問題近年 収入セグメントに対する比率がもっとも高い株式投資は最重要と認識しています「株価が気になりすぎて仕事にならない」そのこと自...

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS