トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

タグ:収入 のエントリー一覧

  • 今年のお金を振り返り 収入編

    労働収入のコスパが悪い労働収入 総評:△今年も飽きもせずサラリーマンを続けました稼いだ給与が生活費となり、投資資金の種になりそんな労働収入も、僅かですが家計に貢献悲しいことに、今年は労働時間が増えました一時期、非常に忙しかったです残業も付かないので、大きなマイナス評価です年々、総収入に占める給与収入の貢献割合が減ってきています世間がよく言う「モチベーション」という言葉とはほぼ無縁に仕事を淡々と惰性で...

  • 仕事に関わりたくないという人の本気

    ひとつ削るだけのお仕事仕事に関する面白い記事を見たAnubisさんという方の記事です業務効率化と空洞化 休む事を知らない人には効率化は無理だ仕事を減らす気が毛頭無いからだ本当に効率化を達成できる人は、休む事にモチベーションの高い人だけだ仕事に関わりたくないという人の本気は仕事が楽しいと思う人と別の結果を生む仕事以外に強烈にモチベーションを感じるものがあれば仕事で自己満足を追求するよりそちらを優先する仕事...

  • 早期リタイア 会社との付き合い方 人生の選択

    早期リタイアの資金を作るための選択早期リタイアもしていないのにサラリーマンとしての生活を振り返ってみた消費しないピノキオは今から10年以上前に将来は会社を早期リタイアしようと決めている早期リタイアというゴールに最速かつ最短で到達するために何をしたらいいかってことを、当時 毎日のように考えていた そして、1つ大きな選択をしている会社で出世をしながら収入を増やしていくか新たな収入経路を作りながら収入を増や...

  • 住居費、教育費で6000万円 大事なのは家計支出の管理

    収入より支出コントロールが大事です生涯年収2億円でも貯蓄不足になる消費社会 のつづきです先の例では単身者を計算対象として取り上げました妻帯者との相違点としては扶養に伴う税金や保険料の控除と各種手当て分です 収入面では大きな差にはならないと思っていますが支出面については、大きな差が出てきます先の記事で書いた家計調査の結果60歳時点での貯蓄額2200万円は単身者以外も含んでいます単身者だけであれば、貯蓄額はも...

  • 収入源が複数あるからこそ優先順位の問題になる

    仕事で得られるお金と仕事以外から得られるお金仕事で得られるお金だけで生活をしている人が世間では多いと思いますだからこそ仕事での収入を増やすためにいろいろな慣習に順応しながら出世を目指して頑張っているんだろうなと思います 出世してもいいことありません でも書きましたが7割は課長にさえなれませんどころか課長にさえなりたくない人が多いと思います出世して、それだけの見返りが期待できればその戦略も有効だと思う...

  • 消費するか 貯蓄するか 自分のアタマで考えよう

    消費 - コメント(10) - トラックバック(0) - 2014/01/03

    消費するか 貯蓄するか 自分のアタマで考えようChikirin さんが お年玉はソッコーで使うべき という記事を書いていた タイトルを見て即座に思ったのはそれこそ自分のアタマで考えればいいんじゃないでした、記事 本文を読んでいくにつれていろいろなことを語っていることがわかりましたお年玉の使途についてあれこれウルサイことを言う親がいるんでしょうか消費しないピノキオも子供にお年玉を渡しましたが自分で考えて使いなさい ...

  • 給与という鎖からの卒業

    給与以外の収入源をどうやって確保するかそろそろ卒業しましょうよ。 給与という鎖に繋がれたままの私は胃を壊しながらもプロジェクトの成功に向けて一生懸命に努力し続けていた。周囲の人には恵まれていた。人間関係のストレスは皆無だったが仕事と通勤のことで疲労困憊していた。こんな生活 あと数十年も持続できるはずがない普通にそう思った。持続可能性がないと思ったら、もういいやと感じた。そして会社を辞めようと決断した...

  • 給与という鎖に繋がれた生活

    給与という鎖に繋がれた生活ちょっと自分のことを振り返ってみた。 私は今でもはっきりと憶えている入社して3年目、私は会社を辞めようと思った。当時、会社の若手はとにかく遅くまで残業していて十分に残業代が出るわけでもないのにまるでそれが当たり前かのように頑張っていた。まだ純粋だった私も例外に漏れず先輩方の技術に近づこうと、そして追い抜こうと日々、家に帰っても技術書を読みながら毎日、切磋琢磨していた。当時...

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS