トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

タグ:不動産 のエントリー一覧

  • 名目GDPと比較 日本の株式市場と土地の時価総額

    日本の土地と株式市場の時価総額を名目GDPと対比日本の地価と株価の時価総額を比べてみたら の続きです土地の時価総額は国民経済計算、株式の時価総額は日本証券取引所のサイトで確認できます 名目GDPとその国の株式市場の時価総額の比率はバフェット指数と呼ばれ、参考にされることも多い指標です下のグラフ青線は土地の時価総額/名目GDP赤線は株式市場の時価総額/名目GDP上のグラフ1955年の時価総額を1とした場合の推移です青線...

  • タワーマンション第一号物件はまるでホテルだった

    まるでホテルのようなマンション広尾ガーデンヒルズという希少価値 の続きですマンション探しシリーズの最終回にします特に印象に残ったマンションを紹介しています 港区三田 この周辺は地図を見ていても、少し雰囲気が違います大使館が多い地域です 警護もしっかりしていますバリケードをいつでも張れるような準備までされています地図の閲覧では、区画の大きなマンションをチェックしていましたそこで目に留まったのが三田綱町パ...

  • バランスしているのは価格です

    商売上手な価格の手品師相場を教え、作った相場で売るからこそ利益が出る のつづきです 買うと借りるの比較結果に思うこと飽きもせずによく企画されている買うと借りる どちらが得かという比較買うは、ほとんどのケースで新築を基準とされています商品やサービスは価格を介して比較調整しているのだから価格を介入させない比較なんて意味がないと書きましただからシミュレーションを行う場合にはシミュレーションの前提となる価格...

  • J-REIT住居賃貸個別物件を眺めてみた

    J-REITってどうよJ-REITを買ったことは一度もありませんが有価証券報告書はちょいちょい眺めています J-REITは、多くの投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入しその賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品投資信託協会より住居型REITとして時価総額最大のアドバンス・レジデンス投資法人の個別物件をピックアップ2016年10月28日 有価証券報告書より抜粋して引用レジディア島津山東...

  • 新築マンションのモデルルーム見学に行ってみた

    モデルルームの空気に酔いしれるキャンペーンに釣られまして会社帰りに新築マンションのモデルルームに行きました正直、いろいろな発見がありました 新築マンションのモデルルームたまには行ってみるのも悪くないなと思いましたとにかく設備に驚きました進化してますね ビックリしました我が家の設備と新築マンションの設備まるで時代が違う感じがしますそんな機能いるのカナ っていうようなオーバースペック感 満載な感じですで...

  • 名目利回り2%なら借りた方が得だよね

    投資方法の問題にしたいですかここに月5万円の賃貸物件があるその部屋が売っていたら賃貸をやめていくらなら買おうと思えますか 部屋が300万円の価値なら20%部屋が600万円の価値なら10%部屋が1200万円の価値なら5%部屋が3000万円の価値なら2%名目利回りで2%なら、ネット利回りで1%くらいまで下落することもあります2%だったら 私は賃貸にしますね賃貸契約での大家と借家人基本、一方が得をするということはもう一方は損するという...

  • 路線価 大半が前年と変わらず

    保有不動産の路線価をチェックしてみた平成28年 路線価データが本日公開されていましたそういえば 7/1 だったんですね路線価 平成28年分財産評価基準操作画面が変化していました 16年路線価、8年ぶり上昇に転じる 全国平均+0.2%こんなニュースが出ていたので、少しだけウキウキしながら消費しないピノキオの保有不動産の地価をチェックしてみました都心部にあるマンションの地価だけは +3.4% でしたがその他の地域の地価は ほと...

  • 笑点 座布団運びの山田隆夫さん 不動産で大儲けしていた

    座布団運びが本業ですか消費しないピノキオが知らなかっただけなんでしょうけど長寿番組 笑点で座布団を運び続けて32年ベテランの山田隆夫さんは不動産で大儲けして今や左団扇の生活をしているそうです 先日オイコノミアという番組を視聴しました「又吉家を買う その家いくらで買いますか?」不動産を買う際のポイントを特集 解説する番組だったのですが山田隆夫さんがゲスト出演していましたなぜ、山田隆夫さんがゲストなんだろう...

  • 40代 2人以上の勤労者世帯 家計純資産は1911万円

    二人以上の勤労者世帯 40歳から49歳のリアル金融資産にフォーカスをあてた家計データが取り上げられることが多いのですがあまり意味がないデータだと思っています家計負債の大半は実物資産を購入するための住宅ローンです住宅資産は金融資産に含まれませんが金融資産には負債としてカウントされます借金ばかりが吹聴される政府借金と同じ中途半端なロジックです資産全体を見るにはマイホームを含めないといけません森の中の数本の...

  • 相場を教え、作った相場で売るからこそ利益が出る

    相場は常に妥当な価格を提示しているんですかその値札に根拠はあるのでしょうか の続きです新築当時の推定価格は3200万円フルローンだったと仮定すると諸経費を加えると3400万円弱でしょうか不動産競売での提示価格つまり不動産鑑定士が鑑定した評価した額さて、いくらだったでしょうか 競売による心理的瑕疵として7割評価になっていましたが買受可能価格は、520万円売却基準価格は、650万円でしたもっとも、安く買える価格は520万...

  • その値札に根拠はあるのでしょうか

    新築一戸建ての販売価格に思うこと新築一戸建てが売られている近所なので、戸建ての販売状況がよくわかるその一戸建てはもともと、人が住んでいました いつしか、その家には「販売中」と書かれたのぼりが立っていました住人は居住したまま、中古の戸建てとして販売していたようですある日、突然 その家の解体工事が始まりましたそして新築物件が建てられました亡くなって相続になったのか単純に売りたくなったのか 真相はわかりま...

  • 広尾ガーデンヒルズという希少価値

    評価の定まったヴィンテージ・マンションの筆頭格マイホーム探しは地図の閲覧から始まった の続きですマンションを探し始めるために地図をずっと眺めていましたしばらくして、ぶつかったのがあの 広尾ガーデンヒルズ でした 東京圏でバブル世代の人で広尾ガーデンヒルズを知らない人はきっと少ないでしょうね当時 渋谷区の地図を見ていて、なんじゃこりゃこれ全部マンションなのかって思いました緑も多く、公園の中にマンションが...

  • マイホーム探しは地図の閲覧から始まった

    部屋を買うのではなく土地を買っていた消費しないピノキオはマイホームが欲しいと最初に思ったのは2001年頃だったと思います当時、会社の借り上げマンションに住んでいました仕事のための借り上げマンションのためプロジェクトがひと段落したら転居となります プロジェクトが終了したら折角だから賃貸ではなくて不動産でも買おうかなってくらいの感覚でした何も知らなかったので、不動産のことを1から調べ始めました「値段の下が...

  • 新しく不動産を購入される方へ

    ローンが払えなくなったら通る道ここ数年、都内のマンション価格が上昇しているそのことは把握していたけれど最近の不動産競売の状況はよくわかっていなかった その昔、不動産競売に参加していたことがあったなぜ不動産競売に参加したかというと単純に不動産を安く買いたかったからだ不動産投資は買値とコストでおおむね勝負が決するそして株式投資も一緒だろうなと思っている売却基準価額(最低売却価格)で購入できればおおむね...

  • 手元に資金もないのに借金をしてマイホームを買うことの問題

    問題の本質はどこにある総務省統計局の家計調査は金融資産のみを評価していますバランスシート全体を見ているわけではありません 手元に金もないのに借金をしてマイホームを買うこと住宅、土地のための負債マイホームが大半だと推測されます総務省統計局の家計調査 世帯属性別にみた貯蓄・負債の状況40代のローン残高は平均で1400万円くらいでしょうか近年、ローン残高が増えつつあるようですマイホームの時価は評価されていないの...

  • 傾斜マンションが中古で販売されていたら

    欠陥住宅は住民の利益に傾斜マンション問題手厚い補償と建て替えが前提の話し合いの方向で進められているようで住民にとっては、お得になる話になりそうです良かったですね 「欠陥住宅は住民の利益に」今後もこういう展開がスタンダードになるといいです傾斜マンションのニュースを聞いた時から企業にとっても多くの住民にとっても建て替えではなく返金による早期決着がベストシナリオだろうと思っていましたが今のところ 建て替え...

  • 譲渡益の出ないマイホーム

    実質 譲渡益の税金ゼロのメリット消費しないピノキオは賃貸経営をしているのでマイホームのメリットはたくさんあるなと感じています マイホームの売却時の譲渡益の計算をするにあたりマイホームであっても減価償却費を差し引く必要がありますマイホームは、非事業用資産に該当しますこの場合 耐用年数は、事業用資産の1.5倍にできますこの措置により事業用資産より償却スピードが遅くなりますとはいえ、減価償却の計算により評価額...

  • なぜマイホームを賃貸ではなく購入にしたか

    購入派でも賃貸派でもない安住派です100万アクセスを突破しました 嬉しいことですその記念にホットな話題である賃貸か購入かを書いてみたいと思いました 賃貸と購入のお話は昔にエントリーを入れています消費しないピノキオの今の考えも併せて簡潔にまとめるとこんな感じになります賃貸と購入に関する考え方賃貸と購入のどっちが得という話は設問自体に間違いがあるどちらも対象によっては得をする可能性がある損をする可能性もあ...

  • お金がある人しか借金をしてはいけない

    借金をしてモノを買うということお金は人を選ぶと思っていますが借金はそれ以上に人を選びます なぜ借金をするのか借金に対する考え方消費しないピノキオは借金はお金に余裕のある人がするものだと思っています今を逃したら二度と買えないような超オトクなモノが目の前にある手元には現金がなく 準備する余裕もない現金は手元にはないが現金化できる資産はあるそんな時に借金は非常に有効なんです借金が悪だとはまるで考えていませ...

  • マイホーム購入 入口を間違えたら 当然 出口も限られます

    本当の問題はどこにあるのかな家を買うと引越しが出来なくなるってホント のつづきです 居住費用が会社持ちでない場合はどうでしょう物件がどれだけの金額で賃貸できるのかによって家計の状況は大きく変化してしまいます持ち出しになってしまう場合もあるでしょうなぜ持ち出しになってしまうのかというと割高な家を買ってしまったということに他なりません割高というのは、購入価格と賃料のバランスの結果です物件選びは、非常に重...

  • 家を買うと引越しが出来なくなるってホント

    昔から不思議に思っていることです家を買うと引越しが出来なくなるそうあたりまえのように言われています実際に家を購入した消費しないピノキオにはまるでピンと来ない話だったりします 引越しに際して、真っ先に考えることは家の話では全然ありません家族が地域で持っているコミュニティが断絶してしまうことの方ですこのことは大きな障壁になっていますだから、私は単身赴任生活を選びました家の話があまりにクローズアップされ...

  • 特別売却 法人と僅差の競り合いをする

    特別売却物件 購入するまでの些細なドラマ不動産競売 特別売却物件に入札した話 のつづきです 特別売却の当日 8名ほどの購入希望者がいました当時は不動産競売の人気は今と比べると相当に低くその日は、特別売却物件が15件程度ありましたポイントは誰がどの不動産に入札するのかは、わからないということ15件程度の不動産に8人程度の購入希望者がいるその事実だけが明かされています消費しないピノキオは自分の狙っている物件への...

  • 不動産競売 特別売却物件に入札した話

    不動産鑑定士が評価する価格と時価のギャップその昔 あるマンションの不動産競売に参加しました不動産競売には期間入札と特別売却がありますその時は、はじめての特別売却への参加でした 特別売却というのは、期間入札を実施したが入札がなかった物件を早い者勝ちで取得できる仕組みですプロも敬遠しがちといわれる特別売却物件まあ、完全な売れ残り物件なわけです特別売却でも入札がない場合は売却基準価額(昔は最低売却価格とい...

  • 公示地価発表 都心は上昇中ですが

    公示地価を確認しました先日公示地価が発表になっていました昨年も同様の記事をまとめていました まずは公示地価のニュース記事公示地価:三大都市圏2年連続上昇、都心開発「バブル手前」の声 からの引用です三大都市圏の公示地価は住宅地が前年比0.4%上昇(前年0.5%上昇)に対し商業地は同1.8%上昇(同1.6%上昇)。上昇地点の比率は住宅地が5割弱、商業地は7割弱に達した。全用途は0.7%の上昇で横ばいだった。保有不動産の地...

  • 正当化できない馬鹿げた価格と妥当な値段

    消費 - コメント(14) - トラックバック(0) - 2015/02/17

    顧客の視線を本質から遠ざける技術昔の Chikirin さんのエントリーを見かけました2007/05/30のエントリーです妥当な値段 から抜粋して引用し、記事を書いています 30万円のコートが馬鹿げた値段である本当の理由はそれが自分には簡単に手に入らないものだからなのですが、人はそれを馬鹿げた価格と呼ぶことにより自分がそれを買わないことを正当化します「私の経済力では買えない」のではなく「賢い消費者の私は、あんな馬鹿げた値...

  • マイホームの投下資本回収率を計算してみた

    購買と賃貸をマイホームで比較してみた以前にマイホームの記事を書いたことがありますマイホームは不動産競売で落札しました築年が古めのマンションになりますそのマイホームを不動産投資と見立てて今 どんな状況なのかを計算してみました 不動産競売による落札物件であるため市場価格よりも、かなり低い金額で購入していますそのため、実質利回り 13.95 % という首都圏マンションとしては上出来の利回りですまあ マイホームなので...

  • 保有不動産の1970年からの公示地価推移をグラフ化

    保有不動産の地価データを調べてみました先日 路線価が公表されていました路線価データは道路毎に細かい数字が出ているので重宝しますもっとも都心にある保有不動産の公示地価について1970年から2014年までグラフにしてみました国土交通省地価公示・都道府県地価調査 数字をプロットしていくと 改めて、地価上昇の異常さに気がつきます1970年を1000として価格指数を表現しています特に注目したいのが1983年と1987年の騰落率です年...

  • 任意売却 互いに感謝するレアケース

    情報収集と目利きが富の源泉ザノンフィクション 家を失うとき のつづきです この番組内ではいくつかのケースが紹介されていましたその中で、任意売却業者が出てくる場面があり番組では、それとなく好意的に紹介されていました任意売却業者はたいてい地方裁判所のそばに事務所を構えています弁護士から仕事をもらうからですテレビの中では、こんなケースが紹介されていました住宅ローンの滞納により期限の利益を喪失したため残債150...

  • マンションを売ってください

    セールスのハガキが届くハガキは郵便物の転送により我が家に届くようになっている送付先の住所は登記簿に記載の住所となっている不動産の登記簿に記載の住所を見て発送しているのだろう 面白半分に電話をして値段を聞いてみると相場と比べて随分と低い値段を提示されます「そんな値段で売ることは絶対にないよ」と答えるともう少し高い値段でも売れるかもしれませんなんてことを猫なで声で言ってきます3年くらい前には、そんなセー...

  • マンション購入後も住宅情報誌を買い続ける人

    ついつい後追い調査してしまう気持ち商品を購入をした後に、その消費が正しかったのかどうかついつい調査をしてしまう人がいます実は消費しないピノキオもそんな一面を持っています昨日の記事 あなたの消費は間違いなく正しかった でその話題に触れましたその続きです 実は、そんな人が消費しないピノキオの周囲に居ました遠い昔の話です消費しないピノキオが会社に入社した頃にいた先輩でした先輩だと味気ないので、大島さんとい...

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS