FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

タグ:イールドカーブ のエントリー一覧

  • 相場はより過熱する方向へ

    今、頭と尻尾を食べています米経済が景気後退する直前で売り抜けたい そんな考えの下、独自のモノサシで相場の波を見ています先週、米国国債金利、長短金利差のフラット化が進みました私が管理しているグラフでも、こんな感じになっています見事に下抜け(フラット化)に向かいましたグラフは年初からの動きです長短金利差もパラメーターに加えている複合指標こちらも過熱感はさらに増してグラフは下抜けへITバブルの天井で付けた...

  • リーマンショック時 米国債イールドカーブはスティープ化していた

    市場の海は平穏ですが、過熱感は増している市場の海をずっと眺めています市場では日中貿易戦争が話題になっています今後、影響は出てくると思いますが現状、海の波は落ち着いているように感じます 米国債の金利差 イールドカーブのフラット化が注目されています消費しないピノキオも、そこそこの資産を運用していますしょぼい給与の会社仕事にエネルギーを費やすよりも自身の資産運用に必死になるのは当然のことですということで、...

  • 米国債長短金利の推移 スプレッドは縮小しているけど

    米国に景気後退はやってくるのか逆イールドへの懸念 話題によく上がります 米国債 20年と2年の推移をグラフ化青が20年債、赤が2年債現状と似たような形状を1993年以降で探してみた①②③④切り取ってみると、形状に違いが見られます①は20年債の上昇が直近で頭打ち②は20年債の上昇がそろそろ限界③は20年債、2年債ともに上昇トレンド形成④は20年債が下落トレンドに陥るかどうかの瀬戸際20年債、2年債ともにヨコヨコになってる2回は この...

  • 相場は最終ランナーが一番早く走り抜ける

    風船はまだ膨む余地がある現状、米国の景気指標値はどれも良好風船はまだ膨む余地がありそうに見える 今後、数回の金利の引き上げに伴い今年中にイールドカーブのフラット化が実現しそうそこからリセッションタイマーがスタートする相場は最終ランナーであるアンカーが一番早く走り抜ける稲妻の演出を借りて、派手やかなゴールインを向かえるその時、スタジアムに残るのは熱狂した観衆たち消費しないピノキオの米国景気指標のモノ...

  • 日米10年債金利差と米ドル円レートの関係

    米ドル円 101円から119円1989年1月からの2018年2月21日までの以下のデータを取得した米ドル円レート(日次)米国10年国債金利(日次)日本10年国債金利(月次)日米国債の金利差2.7%から3.0%のデータを抽出 結果を調査したところ米ドル円レート101円から119円の間に全データの80.6%が存在単純平均もメジアンもガウス平均も約111円σは5.7だった106円台は統計上決して不思議な値ではない分布を正規分布と仮定するなら105.3から116.7...

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS